teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


名古屋まつり

 投稿者:carrot  投稿日:2010年10月17日(日)23時01分33秒
返信・引用
  昨日の大山車揃えを見逃してしまったので
名古屋まつりでの山車9両の引き回しを追ってみました。
名古屋市長が先導する中、福禄寿、唐子、二福神、紅葉狩、
河水、鹿子神、王義之、湯取、神皇の順で眼前を勇壮に
通過して行きました。
 
    (nova) 投稿ありがとうございます.
今年は贅沢な山車揃でした.
大山車まつりは本町通を北上、翌日の名古屋まつりは南大津通を南下.
一粒で二度美味しい週末でした.
 
 

大須山車復活

 投稿者:きさらぎ  投稿日:2010年10月17日(日)11時19分22秒
返信・引用
  「梵天車」復活と「童子車」新造の巡行、お囃子(開化)の様子です。
 
    (nova) 梵天車と童子車、新旧の対比が面白いですね.
金曜日に開化を聴かせていただきましたが、神皇車、内屋敷唐子車とも趣が違って興味深かったです.
 

大山車まつり

 投稿者:メール  投稿日:2010年10月17日(日)08時57分11秒
返信・引用
  まつりの興奮から一夜明けましたが、まだ余韻が残っています。
名古屋には素晴らしい山車がある事を観られた方は感じたと思います。
綺麗な写真や動画は皆さんにお任せして変わった写真を載せます。
まつり関係者の皆様、感動しました!
ありがとうございました!
 
    (nova) 名古屋城の緑区4輌は見る事が出来ませんでした.
こんな景色だったんですね.
珍しい写真をありがとうございました.
 

大山車まつり

 投稿者:風神雷神  投稿日:2010年10月17日(日)00時29分32秒
返信・引用
  久しぶりのカキコミです。

大山車まつり(おおやましゃまつりではないですよね?)に
参加された皆様お疲れ様でした!

当初の予定では朝から拝見に伺いたかったのですが、
自分の生活もあるので夕方からお邪魔させていただきました。
ずらーっと並んだ9輛の山車。
提燈に明かりを点した姿は圧巻でしたね!

何と言っても千秋楽の万歳三唱の後の各山車から鳴る太鼓の音たるや鳥肌が立ちました!
ありゃ~たまらん!!!!
と感動に至ったのでカキコミをさせていただきました(笑)


さて普段から石取贔屓の私ですが、同時開催された清須越の行列に
西区の石取祭車3台も参加され、その列に同行させてもらいました。
名古屋城前に着くと御門をくぐり、緑区の山車とコラボをしたではありませんか!!

名古屋城正門を石取祭車がくぐるというだけでも快挙と言えるところに山車との曳き揃え!
この未知との遭遇に立ち会えたのは一生の宝物です。

300年祭の時も当時の諸先輩方は山車を曳き揃えた感動を味わったことでしょう!
100年前に参加された(?)朱高欄さんに当時と今回の苦労を
語っていただきましょうかねぇ(笑)


今も山車につきっきりで番をされている皆様、
そして明日も名古屋まつりに参加される皆様、
2日間で貴重な経験をされたことを後世に伝えてくださいね!

無事に町内まで帰られることをせつに願っております。
今日の感動をありがとうございました!

そして長文(駄文)で、すみません…。
 

速報

 投稿者:古伝馬メール  投稿日:2010年10月16日(土)22時22分16秒
返信・引用
  大山車まつり速報です。
久々の祭り見物で、気合い入れて写真を、、と思いましたが
どれもこれもヘタな写真ばっかりでした。
カラオケでも最初はヘタクソが歌うマナー?がありますが、
とりあえず一番早くアップしとけば、、といういやらしい根性です。

名古屋城で山車が来るのを待ってる時に廻りにいたおばさん達のおしゃべりが
我が意を得たりと思いました。
「どうして城内に入らないの?」
 
    (nova) 早々と画像投稿ありがとうございます.


Q.どうして城内に入らないの?


A.城内=本丸ではありません

14輌の山車は本町御門をくぐり見事城内に整列しました.
 

清洲城と山車

 投稿者:carrot  投稿日:2010年10月13日(水)22時57分31秒
返信・引用
  清洲越し400年記念事業として「清洲返し」が10/10清須市で行われました。
前日10/9に予定されていた山車の組立実演は雨天のため中止され、10/10の朝
から行われた模様、小生は時代行列を追っていたので観る事は出来ませんでした。
また大手橋を渡る姿や5台揃えてのからくりも見逃してしまいましたorz。
もう死ぬまで見ることは無いでしょうね残念・・・
 
    (nova) 先週の祭りは雨が予定を狂わせてしまいましたね.
私も5輌見るつもりが、11日に2輌だけでした.
 

大田まつり

 投稿者:中子  投稿日:2010年10月12日(火)03時10分25秒
返信・引用
   試楽祭だけですが行ってきました。駅前でのからくりとお囃子に祭り気分が盛り上がる、、と思っていたら、妙な雑音が、、、。子供がマイクをいたずらして「あー」とか言ってるようで、結構うるさく、誰も注意しないの?と思っていました。が、雑音の正体は「ブブゼラ」でした。売られているのを子供たちが買って鳴らしていました。あのブブゼラにこんなところで遭遇するとは、、、今年だけでしょうね。
 
    (nova) ブブゼラのオモチャは急速に増殖してますね.
動画撮ってるとうるさくって.
 

花車神明社祭例

 投稿者:こうべメール  投稿日:2010年10月 5日(火)21時41分42秒
返信・引用
  ついに今年も花車のお神明さんのお祭りがやってきます。

そしてついに開府四百年記念の大山車祭り。今年この時の巡り合わせに感謝です。

今年の紅葉狩車は少しずつ変化があります。

お楽しみに(^-^)/。
 
    (nova) まずは地元の祭りを粛々と.
ですね.

紅葉狩車、どんな変化なんでしょうね.
楽しみです.
 

大弁慶の半纏

 投稿者:朱高欄メール  投稿日:2010年 9月26日(日)01時36分0秒
返信・引用
  雪輪さん、ご教授有難うございました。本町の神功皇后車は名古屋の山車祭礼文化全てを受け継いでくれている事を痛感致しました。山車・装飾・からくり人形・お囃子は名古屋からのものとわかっていたのですが、まさか楫方の衣装まで、名古屋の文化が受け継がれているとは。長い年月が過ぎ、名古屋との関わりも薄れていくかと思いますが、ぜひ大弁慶の衣装も含め、後世に語り継いで頂きたいと思います。  

大弁慶の半纏

 投稿者:雪輪メール  投稿日:2010年 9月25日(土)01時04分46秒
返信・引用
  こんばんは! はじめまして。
朱高欄さん、遠路はるばる田原祭へお越しいただきまして有難うございました。

さて、本町の大弁慶の半纏について御教示有難うございました。この半纏は明治29年に名古屋から入ってきて以来、長年使われずに山車蔵の中にしまってあったものですが、近年(おそらく平成に入ってから)たびたび楫方が着用しています。いったいいつからしまわれていたのか、はっきりとは解りませんが、私の父(昭和6年生まれ)によると、祖父(明治12年生まれ、昭和40年没)からの言い伝えで「門外不出で勝手に出してはならない」と戦前から言われ、恐らく明治期から大切にしまわれていたのではないかと言います。
半纏の襟には本町の町内紋である雪輪が染め抜かれていますが、これの形状が通常本町で使っている真ん中に円の入った形ではなく、神功皇后車の装飾に付いている雪輪と同じ形をしています。この点からも山車とセットで作られたものであることがうかがえます。

半纏は、長年にわたって神功皇后人形の木箱の底に敷かれて保管してありましたが、現在は他の町内法被とともにしまわれています。
今後この貴重な半纏の保存について考えていかねばならないと思っています。
 

ごぶさたです

 投稿者:大阪のまゆ  投稿日:2010年 9月24日(金)18時56分48秒
返信・引用
  novaさんこんばんは!また、かなりお久しぶりですいません(^^;)
岸和田行っておられたんですね~。私は用事があってだんじりのときは名古屋におり、
肝心な横須賀のときは、用事があって大阪です・・・(ーー;)

昨日から肌寒くなってきましたが、明日から熱い2日間ですね!
横須賀のアップ楽しみにしてます!

また、祭り関係者のみなさん、祭り見物される皆さん
風邪ひかないよう楽しんで下さい!^^¥
 
    (nova) ありゃ、真逆だね(^_^;)
横須賀では絶対に会えると思ってたのに残念です.

ではがんばって撮りますので、迫力?の「まつり紀行」お楽しみに!
 

田原祭

 投稿者:朱高欄メール  投稿日:2010年 9月19日(日)23時19分16秒
返信・引用 編集済
  今年も田原祭へ行ってきました。今年のトピックスは神功皇后車の楫取が大弁慶(弁慶格子で名古屋の楫方の衣装)の半纏を着ていたことです。驚きましたね!本町様のご教授によれば、明治29年名古屋で山車一式新調した際に、山車、装飾、からくり人形、お囃子等と共に名古屋から付いてきたもので、本町で115年間大切に保存されてきたとのです。どこかの衣装に似てますね。  
    (nova) 115年前の袢纏ですか.
見たかったです.

うん、名古屋に似た袢纏が・・・・・
 

岸和田だんじり祭

 投稿者:居酒屋なんざん  投稿日:2010年 9月19日(日)20時59分14秒
返信・引用
   皆さんお疲れ様 遠州の皆さん帰りは渋滞に遭いませんでしたか?
 しかし、よく歩いたし 飲んだし 疲れました、、、
 novaさんやバナナ仙人さんにたこ焼きをご馳走しようと準備していましたが、会えず うどん屋君が一人で食べてしまいました残念でした。  来週はどこの?祭りに顔を出しましょう
 
    (nova) たこ焼き食べたかったです.
でも、うどん屋さんにソフトクリームご馳走になりましたから.
 

宮口まつり

 投稿者:居酒屋なんざん  投稿日:2010年 9月13日(月)22時35分47秒
返信・引用
   またまた ビールに誘われて行ってしまいました novaさん バナナ仙人さん 二俣のストーンさん 泉州のうどん屋くん またまた皆さんと再会 今回は上半田のkさんも参加 飲んだぁ~ 宮口の兄ちゃん 晩飯ご馳走様 K氏も喜んでましたよ。 次は岸和田でっせ その次は いよいよ 横須賀祭り 秋祭りは多いから毎週が忙しいですね、、、  
    (nova) 私の縄張りを荒らさないで下さいまし.

(アブナイ、あやうく写真に写るとこでした・・・・)
 

田原まつりと伊勢湾フェリー

 投稿者:葛若  投稿日:2010年 9月10日(金)13時53分22秒
返信・引用
  今年9月にフェリー廃業?といわれていましたが、今後も継続されるようですね。
廃業前に、田原まつり見物のために乗船をと計画していましたが。
 
    (nova) 事業主体は変わるようですが、運行は続けられるようです.
利用者が増えるといいのですが・・・
名古屋・尾張・北勢地方の在住者には縁の薄い航路なんです.
 

遠州二俣まつり

 投稿者:居酒屋なんざん  投稿日:2010年 8月23日(月)22時15分51秒
返信・引用
    しかし暑い祭りですね! 久々に novaさん 御一行様 泉州御一行様 遠州御一行様 皆さんと出会い 相変わらず好きですね?  
    (nova) 灼熱の二俣が忘れられず、またもや遠征してしまいました.
もう懲り懲りだと思っても、また行っちゃうんでしょうね.
 

すずしい珠洲

 投稿者:バナナ仙人  投稿日:2010年 7月28日(水)21時23分37秒
返信・引用
  novaさん、先日はとお~い珠洲まで、
仙人にお付き合いいただきありがとうございました。
暑かった中にも日陰は海風の涼しさを感じられる飯田でしたが、
喫茶店、蕎麦屋にはまいりましたね。

どでかい燈籠が動かなくて残念でした。

しかし、世の中には似た人が3人いるとはいうけれど…
 
    (nova) 遠かったですね、珠洲は
行きも帰りも深夜割引でしたし.
 

尾張津島天王祭

 投稿者:メール  投稿日:2010年 7月27日(火)23時16分18秒
返信・引用
  尾張津島天王祭の宵祭と朝祭を猛暑の中で観てきました。
宵祭は画像がぶれまくりで良い写真が無かったので朝祭の写真を載せました。
朝祭で鉾持ちは10人中8人が無事泳ぎ切りましたが、池で無い頃の天王川だったら後の2人は流されて命が無かったかもしれないと思いました。
古の神事の重みを感じた一日でした。
 

深志神社天神まつり

 投稿者:UKOKKEIメール  投稿日:2010年 7月26日(月)19時06分33秒
返信・引用
   こんばんは。
 一昨日・昨日と、長野県に旅行に行って来ました。
 一昨日は松本市で、深志神社天神まつりを見学しました。
 この祭りは毎年7月24・25日に開催される松本市中心部の南深志の鎮守である深志神社の例大祭で、氏子町内から16台の舞台(祭車)が出されます(自分が見たのは、その内の13台)。
 夕方それらの舞台が一斉に各町内を出発し、お囃子と共に連なって深志神社へと向かう様子はなかなか絢爛豪華でした。
 写真は、16台の中で最古最大の物である博労町の舞台です。
 彫刻は、立川和四郎(何代目かは不明)の手による物と言われています。
 

困った

 投稿者:nova  投稿日:2010年 7月14日(水)00時42分3秒
返信・引用
  パソコンが起動しません.

雨のせいでしょうか.
更新が出来ぬ・・・・・
 
    (nova) 復活!  

尾張じゃないけど

 投稿者:バナナ仙人  投稿日:2010年 7月12日(月)23時00分54秒
返信・引用
  千葉の成田山の祇園祭へ出かけました。
江戸型と屋台形式の山車が10台。
江戸型山車なんで屋根もなく人形も動きませんけど、
門前町の坂を行く山車の雰囲気は格別でした。

成田山新勝寺の法会で神仏混淆の祭りです。
2階から竿で祝儀渡したり、曳き手の踊りがあったり、
ところ変ればいろんな仕来りがあって勉強になりました。

画像2枚目の右か2台目の山車はこの日の翌日、
不審火により蔵と山車とも灰塵に帰しました。
祭りの最終日で、しかも当番町だったそうです。
関係者もさぞ無念だったことでしょう。

3枚目の麻央ちゃんはサービス!
 
    (nova) 山車も麻央ちゃんも綺麗!ありがとうございます.

火事は本当に怖いです.
皆様もお気をつけ下さい.
 

祭り紀行より

 投稿者:カメ仙人  投稿日:2010年 7月 3日(土)13時30分15秒
返信・引用
  浜引き下ろし、突撃海坊主の画像。
県社回しの迫力画像、からくりの物凄いいたち噴射のショット?!
びっくりしました。
毎度ありがとうございます。
 
    (nova) 大変お待たせして申し訳ありませんでした.
カメ仙人さんの首を長~~くさせてしまいましたね.
 

祭礼日

 投稿者:高峰荘  投稿日:2010年 7月 1日(木)21時18分1秒
返信・引用
  nova様 拙い書き込みのフォローありがとうございます。‘旬感あいち’に載っていた、山車まつり、山車らしき物が出る祭りの開催日を書き込みます。

7月10日大井夏祭り。16日~18日豊川夏まつり。17日~18日大足蛇車祭り。
19日名古屋みなと祭り。24日こがし祭り。24日~25日津島天王祭り。国府夏まつり。31日岩倉山車夏祭り。7月31日~8月1日刈谷万灯祭。
8月7日~8日須成祭。豊川稲荷みたま祭り。御油夏祭り。 15日稲武まつり宵まつり。
21日~22日雨乞いまつり。小牧秋葉まつり。
といったところですが、皆さんで取捨選択してください。
篠島もご多分にもれず、団体客の減少とフェリー廃業に揺れております。一人でも島にお越しいただければ幸いです。
 
    (nova) 名古屋のまつりを追記しておきますね.
7月15・16日那古野神社例大祭、7月24日牛立天王祭.
 

篠島ぎおんまつり

 投稿者:高峰荘  投稿日:2010年 6月26日(土)22時07分1秒
返信・引用
  このたび‘旬感あいち’7月号に、光栄にも津島天王祭の下段に我が篠島ぎおんまつりを掲載させて頂きました。無名ではありますが一応ここも尾張の山車ですので、僭越ながら紹介させていただきます。山車は平成元年築の舟山車です。残念ながら、足回りは鉄枠とトラックタイヤですが、船体は篠島の舟大工による本物の舟です。 開催日は7月9日です。朝9時半から10時半ごろの1時間ほどで島を半周してしまうとすぐかたずけてしまうので、島外のお客さまはなかなか見られません。師崎から高速船で10分たらずですし、この時期は鱧料理が売りでもありますので、一度篠島にお越し下さい。  
    (nova) ご紹介ありがとうございます.
第2金曜日の開催ということで、残念ながら拝見したことはありませんでした.
祭りを楽しんだ後に、海の幸を堪能.
時間の許される方はいかがでしょう.
画像投稿歓迎ですので.
 

西枇杷島天王祭り

 投稿者:Carrot  投稿日:2010年 6月13日(日)19時03分9秒
返信・引用
  初めまして、山車祭りサイトを検索してここに来ました。
西枇杷島祭りが取り上げられてて嬉しく思います。
直さん の補足ですが惜車については地元の私も見た経験が在りませんでした。
尾張近郊では唯一現存するからくり装飾で貴重なものらしいです。
取り付けは観衆の前で行われ数分で行われました。
泰亨車の両側の幕中央の穴から出た軸に本体を差し込むだけで
内側から人力で回しますが歯車比を利用してかなり早く回ります。
秋にはこの山車を含め5両山車揃えが清洲城であるのでこの
2ショットを今から楽しみにしています。
 

西枇杷島 徳川園

 投稿者:カメ仙人  投稿日:2010年 6月 8日(火)02時18分28秒
返信・引用
  お天気でよかったですね。
わが父 大カメ仙人も、この日曜日は楽しんだようです。
私たちは、来年に向けて亀崎の下調べなどなど・・・・
 

筒井町天王祭り

 投稿者:ハルメール  投稿日:2010年 6月 7日(月)01時08分13秒
返信・引用
  筒井町天王祭り、今年も参加させていただきました。関係者の皆さん、朝早くから大変ご苦労様です。昼と夜、それぞれ違いがあり、大変すばらしかった。笛の音色、大太鼓の響き、からくり人形の動き、梶方の技、すべてがすばらしかった。本当にありがとうございます。  

西枇杷島風景

 投稿者:メール  投稿日:2010年 6月 6日(日)22時04分9秒
返信・引用
  西枇杷島まつりに行って、西枇杷島ならではの風景を撮りました。
上から順に
名古屋市博物館から持ってきた惜車を付けた山車です。(市長さんが惜車を動かしていました。)
山車の前での野点です。
河川敷の道と下の道を併走する山車です。
惜車は結構早く回転しますね。
1つだと思っていたら2つあるんですね。(箱書きに文化と書いてありましたので200年前の物!!)
羽根が1枚外れて飛んでいくハプニングもありました。
昔の人は外れる様に作っているのではという話もしていました。
10月10日の清須返し時代絵巻に清洲城公園5輌勢ぞろいで曳くそうで、その時にも取り付けるので今日は予行演習だと言っていました。
 

今年のこだわり

 投稿者:年がら年中2  投稿日:2010年 5月31日(月)17時26分51秒
返信・引用
  今年の 祭り人のこだわり一撮  毎年のことですが 一年に一度これをやらないと と思っている方たくさん見えると思います。 これはその一例です。 綱先後見と若衆と赤初飛の合作です。
 

西濃地区の祭り見物

 投稿者:西組の『紙ヤさん』  投稿日:2010年 5月16日(日)17時07分13秒
返信・引用
  5月15日に愛知県から飛び出して養老高田祭りの見物に出かけました。
調査不足で、15日は試楽は、山車の引廻しは時間が短く本祭り(16日)が中心でした。
本道を東西の愛宕神社・お旅所を3輌が引廻すのですが、道幅より前後の長い楫棒が
長く180度の回転は無理・・・バックをして戻るかとみていると元綱を左右のゴマの間を
通し反対側に綱先を向け山車は同山から上部分が180度回転し、見事に進行方向に山車が
正面を向け曳き出されました。 ビックリでした。 つくづく先人の知恵に関心致しました
 
    (nova) 山車自体がからくり仕掛けのようで、見ていて楽しい山車ですね.  

レンタル掲示板
/25