teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:254/738 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

若宮祭黒船車保管場所について

 投稿者:備忘録  投稿日:2014年 3月22日(土)08時39分6秒
  通報 返信・引用
  昭和20年3月19日空襲焼失時

山車本体
若宮八幡社境内土蔵(間口3間奥行5間 火災保険証書記載より)
(現在、祭り当日に末広町テントが設営される場所と同定される。江戸時代刊行の『尾張名所図会』若宮八幡宮の絵に「黒船車のくら」記載あり)

大幕(大濤の図 山本梅逸下絵)
井上仏具店土蔵(店主 井上新三郎)末広町三丁目西側 若宮表門の向かい側
空襲に土蔵は焼け残ったが、数日後、内部から発火し土蔵崩壊焼失(『祖父・父を憶ふ』井上礼之助/著より)

その他祭礼道具
末広町会館(財団法人末広町八幡講所有 もと末広町共有家屋:母屋木造2階建て 土蔵平屋)

通常は貸家、祭礼時「祭り宿」として機能する。
空襲前まで「東亜マネキン」というマネキンディスプレイの商店に賃貸
現在末広会館がある場所。末広町二丁目東側

山車の飾りつけは、この末広町共有家屋前で行われた。

町内関係のものとして
若宮表門横に「末広町巡査派出所」(交番)があり、
戦後はこの建物に、末広町の最後の町小使であられた赤塚林蔵氏がつめていた。
のちに境内東南角に曳き家され昭和60年ころまで残っていた(和風入母屋平屋RC造)
 
 
》記事一覧表示

新着順:254/738 《前のページ | 次のページ》
/738