teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


花車町神明社大祭

 投稿者:紅葉狩車のこうべ  投稿日:2018年 9月20日(木)21時02分17秒
返信・引用
  今年のポスターは紅葉狩車です。
夜の大幕を鹿絵の幕にして写真映えがするようになりました。
翌日は柳里神社奉曳、27日(土)の中村区民まつりにも紅葉狩車が参加です。
 
 

輪島市黒島天領祭の曳山です

 投稿者:中子  投稿日:2018年 9月19日(水)20時41分10秒
返信・引用
  輪島市門前町にある、黒島天領北前船資料館に展示されている曳山です。夏の祭で曳かれるそうですが、若い人が少なくなり、ボランティアが参加するそうです。
 

挙母祭り

 投稿者:紅葉狩車のこうべ  投稿日:2018年 9月 6日(木)21時54分14秒
返信・引用
  豊田市に合併となった旧足助町に挙母祭りのポスターが掲示されました。  

Re: 足助祭り

 投稿者:紅葉狩車のこうべ  投稿日:2018年 9月 6日(木)11時48分1秒
返信・引用
  確かに。こちらも名古屋の能囃子系のお囃子だそうですね。なんとか都合を付けて行ってみたいです☆。  

Re: 敦賀まつり

 投稿者:ぱそこんぎらい  投稿日:2018年 9月 5日(水)20時20分11秒
返信・引用
  > No.1996[元記事へ]

uさんへのお返事です。

そうでした、9月4日、よりにもよって敦賀のお祭当日に台風直撃!! 当然、中止だったんでしょうね。今年は津島天王祭もまともにできなかったし。これからの秋の様々な祭が無事行えるように祈るばかりです。ご教授ありがとうございました。
 

Re: 敦賀まつり

 投稿者:  投稿日:2018年 9月 4日(火)17時03分47秒
返信・引用
  ぱそこんぎらいさんへのお返事です。

台風で敦賀まつりどころじゃないし、尾張の山車でもありませんが、満更尾張とも関係なくはないので
豆知識程度で。

由緒、祭りの起源は室町中~末期と推定されています。天正3年8月に本勝寺にて、織田信長に曳山を
 見せた記録があるそうです(この頃から6輪かどうかは判りません)。津島天王祭を信長公が夫人と
 共に見たそうですが、信長という方は祭り好きだったんだなと思います。

9月2日に宵山(という名前の踊り山)、4日本祭りに6台の人形山車(ヤマ)を曳きます。
6台の6輪山車にはあるテーマを持った武者人形が載せてあります。それは、織田信長による刀根坂の戦い
(朝倉氏の滅亡)に始まり、徳川家康による大坂夏の陣(豊臣氏の滅亡)といったNHK大河ドラマ
みたいなストーリーです。尚、武者人形の具足は本物ということです。

2日に出る宵山と4日、気比神宮前に集まる人形山を投稿しておきます。

 

Re: 豊浜半月のお舟

 投稿者:ぱそこんぎらい  投稿日:2018年 9月 3日(月)11時44分15秒
返信・引用
  uさんへのお返事です。

詳しくお教えいただきありがとうございます。あの状態より1.6mも背が高かったとは…またいろいろお教えください。 あと雷車は知りませんでしたし見落としました。また機会がありましたら見てきます。
 

豊浜半月のお舟

 投稿者:u  投稿日:2018年 8月28日(火)17時40分19秒
返信・引用
  半月のお舟(地元ではこう呼んでいたそうです。)について調べてきました。

明治7年中洲村船大工森佐兵衛の手によって建造。明治12年、中洲がコレラ禍等によって困窮し半月村に売却。以後半月ではお舟を祭りのシンボルとして大層大事にしたそうな(昔話調)。地元はもとより中村まで練り歩いたそうである。 昭和10年時節柄休止。昭和25年復活、以後20年余り使用するも、老朽化の為、昭和47年に曳かれたのを最後に中止。昭和55年郷土資料館に納入される。
 以上が顛末です。

在りし日のお舟と現在のお舟は随分違うので相違点を羅列。

在りし日のお舟は2層構造の山車だった。船体の下にあった台形の構造物(含む台輪)が無い。
半月区の幟が今回の展示には無い(資料館にはあった。)。
幟以外にも、笹や吹き流しが屋形後方に付いていた。

尚、お囃子は2層のうち、上段(船体の上か?)に大太鼓、大鼓(おおかわ)。下段に笛、三味線、小太鼓を載せていた。
下段(下層)には水色の幕(海上の波を表現)が台形の構造物を覆っているので、外輪か内輪かは判らない。この部分は楫方の身長くらいあるので160センチ位の高さであろうか。現役時、
博物館の状態よりさらに160センチ高いことになる。
 

Re: 名古屋市博物館

 投稿者:u  投稿日:2018年 8月24日(金)22時17分25秒
返信・引用
  > No.1988[元記事へ]

ぱそこんぎらいさんへのお返事です。

半月の舟山車、まさか名古屋でみられるとは思いませんでした。早速、名古屋市博物館へいってみます。15年ほど前、内海資料館で見たときは埃っぽくて汚かったですが、流石に展示にあたって
清掃されたんですかね。情報ありがとうございます。  ところで名古屋市博物館3階ギャラリー
に、旧西区浅間町「雷車」が置いてある筈ですがご覧になられたですか?
 

海津市高須の曳山

 投稿者:u  投稿日:2018年 8月24日(金)19時00分20秒
返信・引用
  長らくお蔵入りしていた高須の踊り山、現在は海津市に寄贈され、昨年から海津市のイベント
海津夏祭りに展示されるようになりました。末広町と本町の2輌が健在です。上町の名古屋型
改造踊り山は野外に放置された為、一部を残して廃棄となりました。
 

探しています

 投稿者:西組の『紙ヤ』さん  投稿日:2018年 8月22日(水)14時06分51秒
返信・引用
   半田市 協和地区の協和車西組保存会です。
 当組では、今、使われていない 前山人形を探しています。情報が有ったら教えてください

 必要な祭り組織の方に・・・山車のゴマ 国産黒松 径80cm位幅25~30cm位 譲ります。
              当組の山車にはサイズ的に合わなくなり 使用不可が理由です。
              まだ、山車によっては使えると思います

      ※ 関心のある方や何か情報が有りましたらご連絡ください
         
 

敦賀まつり

 投稿者:ぱそこんぎらい  投稿日:2018年 8月21日(火)20時06分49秒
返信・引用
  こちらは福井県敦賀の山車です。本来は9月4日(日にち固定)に6台の山車がでるそうですが、山車会館があって3台はいつでも見れます。6輪の山車は珍しいなと思ったら、真ん中の車輪が少し大きくできていて、前後の車輪を浮かせて車切りが楽にできるようになっているという説明に目から鱗がボロボロ。なるほど~その手があったか~~。これは小山車で、明治までは大山車という山車もあり、江戸時代の最盛期には50基も曳き出されたとの事。現在見られないのは残念な話です。  

足助祭り

 投稿者:紅葉狩車のこうべ  投稿日:2018年 8月21日(火)20時02分30秒
返信・引用
  仕事で足助町に通っております。足助町のポスターが張り出されましたのでお知らせいたします。
花車神明社の大祭と重なりますので残念ながら見物は叶いません。去年は一週間ずれてのに行きそびれました★。
 
    (nova) 日曜日は夜もやってますので是非!  

名古屋市博物館

 投稿者:ぱそこんぎらい  投稿日:2018年 8月21日(火)19時43分32秒
返信・引用
  名古屋市博物館の特別展「海たび」に行ってきました。メインの展示は伊勢湾沿岸の生活と漁業等ですが、少し祭の展示もあり見慣れない山車も展示されていました。南知多で明治7年に作られて現在は南知多町の所有だそうです。残念ながら車軸は外されて動くことはできませんが、小ぶりの舟形で、そのまんま社殿を頂いた形は元来の山車のあり方を表しているようで、小生の目には新鮮に映りました。大漁旗に囲まれて華やかで、写真も撮っていいとの事でしたがフラッシュはNGなんで三脚を持ちあわせなかった小生は撮影に苦労させられました(やっぱりちょっとピンボケで残念です)。9月17日までなので興味がおありの方はどうぞ。また、この山車の何かしらの情報がありましたらお教えください。  
    (nova) この特別展はまだ見学しておりませんが、豊浜半月区の山車だと思います。
長らく南知多町資料館に展示してありましたが、鍵が掛かっていまして
鍵を開けて欲しいとお願いしたら、鍵は役場にあるとのことでした。
終わる前に博物館に行かなくては

http://dashi-matsuri.com/main/topics/tp2002/tp020310b.htm
 

四日市祭袋町浦島

 投稿者:四日市祭研究科  投稿日:2018年 8月14日(火)17時07分17秒
返信・引用
  この写真は碧南市大浜中区祭礼に参加している浦島山車が四日市袋町にあった頃の写真です。
現在のものと四日市祭の頃と比べると四日市祭の頃の写真に前人形があることがわかります。
納屋の祭リンクによれば昭和25年に浦島山車を新調したと書かれています。この写真は僕にとっては
碧南市へ売られる前の大変貴重な写真だと思っています。
 

この山車を探しています

 投稿者:四日市祭研究科  投稿日:2018年 7月30日(月)08時09分27秒
返信・引用
  これはかつて四日市祭で奉納されていた西町の大山車を戦後復元したものです。しかしこの山車は、
戦後まもなく西町にありましたが、売却されたと言われています。この山車の売却先を探しています
この山車を現在使用している団体さんはいませんか。
少し改良されている場合もあります
 

内海東端の人形

 投稿者:u  投稿日:2018年 6月 2日(土)21時58分33秒
返信・引用
  > No.1984[元記事へ]

志賀内さんへのお返事です

そういえば、狭い旅館街入口前(熊野神社の前だったと思う)で人形(巫女さんと神主さん)を降ろしてしまうんでしたね。やや古い画像ですが、巫女さんを降ろす場面。
 

Re: 内海 東端

 投稿者:志賀内  投稿日:2018年 6月 2日(土)01時15分32秒
返信・引用
  > No.1982[元記事へ]

uさんへのお返事です。
お釜の無い湯取車、懐かしいのぅ。
 

東区の山車

 投稿者:八組石取青年会  投稿日:2018年 6月 1日(金)13時35分35秒
返信・引用
  はじめまして。いつも、掲示板を拝見させて頂いております。僕は、桑名石取祭の某町内の青年会
をやらしていただいております。
名古屋の山車祭り(東区、名駅、若宮)が特に好きです。毎年、見学に行ってます。
東区の神皇車は朱塗りで一番美しい山車だと思います。梶方の技もかっこいいです。
今週は、祭り日和なので楽しみです!!
 
    (nova) この投稿を神皇車の皆さんが見られたら張り切ると思いますよ  

内海 東端

 投稿者:u  投稿日:2018年 5月28日(月)21時20分44秒
返信・引用
  海岸通沿いに東端まで行くと、国道より一本海沿いに入った道に東端の山車がいました。
ここは旅館街の道です。東端で一番狭い路地を抜ける所でもあります。
ここから東端の山車は山海との町境まで曳かれます。曳行距離は内海の山車中、最長となります。人口も4区中最多だそうで、曳行参加人員も最多との事。
 

内海 吹越

 投稿者:u  投稿日:2018年 5月28日(月)20時53分32秒
返信・引用
  岡部の次に吹越に行ってみましたが、山車が見当たりません。見当をつけて海岸に出たところ
秋葉神社前で休憩中でした。
 

内海 岡部

 投稿者:u  投稿日:2018年 5月26日(土)23時21分0秒
返信・引用
  > No.1979[元記事へ]

続いて、岡部に向かうと、岡部の山車も庫のある公民館に帰るところ。
公民館で最後のいさみとからくり演戯。
 

内海 馬場

 投稿者:u  投稿日:2018年 5月26日(土)22時41分10秒
返信・引用
  内福寺から入見神社へ向かった所、神社を出た馬場の山車と遭遇。岡部との町境付近で撮影。  

内海 内福寺

 投稿者:u  投稿日:2018年 5月23日(水)21時20分44秒
返信・引用
  4月1日、内福寺山車蔵扉が開いているとの情報を受け、急遽駆け付けたものの、残念ながら
到着時はもう閉まっていました。夏山車の方のドアは開いていたので、壇箱付近だけは撮影
出来ました。
 

大野祭礼

 投稿者:中子  投稿日:2018年 5月 6日(日)08時06分41秒
返信・引用
  名鉄電車との共演を、こちらで拝見していましたが、
生で見ることができました。
 

亀崎潮干祭

 投稿者:中子  投稿日:2018年 5月 6日(日)08時02分52秒
返信・引用 編集済
  久し振りの潮干祭は、初日雨が降るかと心配しましたが、降らなくて良かったですね。  

半田 協和西組です

 投稿者:西組の『紙ヤ』さん  投稿日:2018年 4月10日(火)16時29分30秒
返信・引用
   巴 様  後4日でーす

 見どころ追加情報 半田市博物館に 成岩地区5組5輌の山車が
 集合します。 14日土曜日午前11時15分頃です
 

Re: 祝20周年

 投稿者:nova  投稿日:2018年 4月10日(火)16時07分3秒
返信・引用
  > No.1972[元記事へ]

朱高欄さん、いつもありがとうございます。

朱高欄さんとも長いお付き合い、そしてこの掲示板でも活発な情報があふれていましたね。
過去形で語らなければならないのは、私の不徳のいたすところです。

この掲示板の活用も含めて新たな気持ちで活性化を図っていきたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。
 

Re: 山車まつりのいいところ

 投稿者:nova  投稿日:2018年 4月10日(火)16時01分35秒
返信・引用
  五羽鶴さん、ありがとうございます。

山車の形式は言うに及ばず、各地区ともに個性があって楽しいですね。
さらに掘り下げてお伝えできたらと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。
 

祝20周年

 投稿者:朱高欄  投稿日:2018年 4月 3日(火)21時25分27秒
返信・引用
  novaさんお疲れ様です。そして20周年おめでとうございます。私もいつから参加したのか、
ハッキリ覚えてませんが10年以上はお付き合いしていると思います。
特に、2005年当時は多数の方とこの掲示板でお祭り談議をさせて頂き大変有意義でした。
このHPはご当地のお祭りの教科書ですね。情報の宝庫で大変役にたちます。
末永くHPが続けられることを望みます。
 

レンタル掲示板
/24